AIによるデジタル革命は、金融機関にも多くの恩恵をもたらす

0
67
Photo by iStock

商業銀行や投資銀行、保険会社といった金融機関では、新規制への対応など多くの課題を抱える中、競争力を維持しつつ、さらなる業績拡大を図っていく必要がある。そのような環境において、それぞれの金融機関が、顧客サービス環境の向上や詐欺の防止、顧客ニーズの予測、コンプライアンス遵守、機密情報の保護など、様々な側面で、AI(人工知能)を活用したデジタル革命の恩恵を受けている模様だ。

たとえば多くの金融機関では、保有ポートフォリオにおいて起こり得る膨大な数の市場シナリオを、AIを使うことで想定している。そのためには高機能なアルゴリズムが求められるが、事前に設定したベンチマークが通常とは異なる動きをみせた場合、何らかのリスクが生じていると認識し、状況を分析できるよう、システムを構築しているという。また、保険会社においては、合法的に申請された保険金請求の行動パターンと、新たに申請された保険金請求を、AIを使って比較し、詐欺と疑わしい取引を検知するところも出てきているそうだ。

世界中の金融機関において、リスク管理及びサイバーセキュリティ強化、高頻度取引(high-frequency trading)などのために、AIを活用したデジタル革命が起きている。多くの金融機関は、AIを活用することによって、業績拡大などより良い結果を得ている状況だ。