Pagaya AIを活用した1億ドル規模のABSをリリース

0
66
Photo by iStock

グローバルに金融テクノロジーを提供するPagayaが、AI(人工知能)を活用した100億ドル規模のABS(Asset-backed securities、資産担保証券)をリリースしたことを発表した。

Business Wireが報じたところによると、この次世代型のABSは、AIが完全にコントロールする形で個人ローンの選別・購入を行うところに特徴があるという。なお、このABSの開発・組成には、グローバルに金融サービスを提供するCantor Fitzgeraldが加わった模様だ。PagayaのCEO兼共同創業者であるGal Krubiner氏は、今後も従来の金融サービスの分野において、AIの活用を推進していきたいと語っている。また、Business Wirによると、PagayaのCIOであるEd Mallon氏は、先行きが不透明な市場環境においては、今回のようにAIを活用した革新的なサービスが求められていると語ったという。

Pagayaは、AIの活用を図る機関投資家と協働する形で、2016年の設立以来、4億5千万ドル規模の金融商品の開発を手掛けてきた。社内には20名のデータサイエンティストとAIスペシャリストを擁しており、AIを用いることで、膨大なデータ分析から金融商品のリスクを特定し、安定的なリターンが期待できる代替商品を提案している。そして今後もアクティブポートフォリオやリスクマネジメント関連の金融商品を提供していく意向だという。