U.S.Newが勧めるAI関連10銘柄とは?

0
81
Photo by iStock

今から5年ほど前までは、ごく一握りの投資家のみが、AI関連の優良銘柄をリサーチしていた。しかし現在では、シリコンバレーの専門家の誰もが、機械学習(machine learning, MI)やニューラルネットワーク(情報処理システム、NN)、自然言語処理(NLP)などの革新的な商品・サービスの開発や事業の収益化を競うようになっている。

U.S.Newsは、AI関連のベストと見られる10銘柄を紹介している。そのラインナップは、エヌヴィディア(ティッカーシンボル:NVDA)、アルファベット(GOOG)、トゥウィリオ(TWLO)、アマゾン(AMZN)、マイクロンテクノロジー(MU)、マイクロソフト(MSFT)、バイドゥ(BIDU)、インテル(INTC)、フェイスブック(FB)、テンセント(TCEHY)の10銘柄である。

上記のなかで比較的知名度が低いトゥウィリオは、10銘柄中で投資効率が最も高いとされており、向こう5年間で株価が5倍になると見込まれている。トゥウィリオのAPIは、電話やSMS、テキストメッセージなどの送受信を行うためのソフトウェアで活用されている。また、膨大なデータ処理を必要とする金融業界などでは、マイクロンテクノロジーのNANDやDRAMチップへの需要が高まっている模様である。