注目のドローン関連銘柄とは?

0
85
Photo by iStock

投資家の間で、ドローン関連銘柄のトレードが活発になっている。ドローン関連のソフトウェアまたはハードウェアを開発する企業と、ドローン技術を活用する企業への投資が進んでいる模様だ。中でも、Aero Vironment Inc(ティッカーシンボル:AVAV)、ソニーADR(SNE)、エヌヴィディア(NVDA)、アマゾン(AMZN)、マイクロソフト(MSFT)の5銘柄が注目されているという。

FXやCFD取引サービスを提供するIGは、注目度が高いドローン関連銘柄を紹介している。たとえば、AeroVironment Incは、ドローンを主力事業にする数少ない企業のひとつで、政府機関に無人航空機を供給している。2019年には、米国政府のドローン関連予算の増額が予想されているため、米国国防省に小型ドローンを供給するAeroViroment Incも成長拡大が見込まれている。

またソニーも、東京を拠点とするロボットベンチャー企業ZMP Incとともに、Aero Senseと呼ばれるジョイントベンチャーを立ち上げた。Aero Senseが開発するドローンは、世界中のアマチュア写真家の間で人気を集めている。なお、ドローン関連銘柄への投資は、個別株式を購入するか、レバレッジをかけるCFDの形でトレードを行うことになる。