AIが金融業界に変革をもたらす5つの分野とは?

0
86
Photo by iStock

AI(artificial intelligence、人工知能)は、金融業界に変革をもたらしている。AIを使えば、膨大なデータを解析し、パターンやトレンドを認識できるだけでなく、将来起こり得るパターンが予測可能となる。すでに新規制への対応やパーソナライズ化された金融レポートの作成といった業務が自動化されており、さらに個人のクレジット口座・投資口座などのデータ分析や取引データ処理、将来の予測分析、チャットボットツールにもなど、さまざまなシーンにおいてAIが活用されている。

米国・カリフォルニアを拠点にデータ分析サービスを提供するEnvestnet|Yodleeは、金融業界の5つのAI活用事例を紹介している。そこでは、業務自動化、データ分析、取引データ処理の高度化、将来予測分析、チャットボットという5つの分野が取り上げられている。

たとえば将来予測分析の分野では、Envestnet|Yodleeが機械学習(machine learning, ML)を用いたOK to Spendと呼ばれる将来予測ツールを提供している。OK to Spendを活用すると、ユーザーの収入や銀行残高、負債残高を基に、将来の支出金額を予測できるという。また、ユーザーがOK to Spendに商品・サービスの購入可否を質問すると、イエスまたはノーで答えてくれるという。つまりユーザーは、OK to Spendの将来予測を基に、月末の資金不足を回避することが可能になるのだという。