金融業界におけるロボットとAIの活用事例

0
104
Photo by iStock

ロボットとAI(artificial intelligence、人工知能)は、セルフサービスバンキングを牽引し、次なる金融ビッグバンを引き起こすと見られている。業務管理にロボットを活用すれば、時間とコストの両面で効率化を図ることができる。さらに生産性を向上させたり、反復作業を行わせることも可能だ。今後ロボットが果たす役割は拡大し、向こう数年の間に重要性が増すと予想されている。

インドメディアInc42は、金融業界におけるロボットとAIの活用事例を紹介している。たとえばある金融機関は、ロボットやAIを活用することで、60%ものコスト削減を実現させた。簡単な質問に答えることができるチャットボットツールを導入し、バックオフィス業務をサポートさせることも可能だという。

さらにロボットは送金分野でも活用されている。ロボットは、顧客の送金指示に対して人間が処理するよりも迅速に情報を読み取り、送金システムにログインし、送金指示を記録する。あとは人間による最終的な承認を残すのみである。その結果、これらの業務をすべて人間が行っていた従来のフローに比べて、業務効率が飛躍的に向上したのだという。