銀行、証券、保険業界における2019年のAI活用予測

0
416
Photo by iStock

2019年、銀行や証券、保険業界において、AI(artificial intelligence、人工知能)が大いに活用されることが予想されている。特にコンプライアンスやプレシジョン・マーケティング(precision marketing、適切なターゲット顧客に対し、適切なチャネルを通じ、適切なメッセージを送るマーケティング活動)、人材管理といった新たな分野においてもAIの活用が期待されている。

インドメディアVCCircle.comは、インドITコンサルティング・ソフトウェア企業であるインフォシス(Infosys)の研究として、2019年の金融業界におけるAIの活用事例を紹介している。顧客サービス、詐欺対策などの分野では、すでにAIが活用されているという。たとえばAIを基にしたチャットボットは、多くの銀行が採用している顧客サービスのひとつである。これは、銀行のフロント・ミドル・バックオフィス業務を自動化させ、人材を適正管理することにも役立つようだ。

また、過度なリスクを負わずに最適なリターンを確保するために、AIが活用される可能性もあるという。たとえば、マネーマーケット(期間1年未満の短期金融市場)からFXへと資金をシフトする際に、AIは顧客予想よりもより優れた投資戦略を打ち出すこともあるという。