Huntington、AIを活用してデジタルバンキングサービスを拡充

0
113
Photo by iStock

米国オハイオ州を拠点とする地銀のHuntingtonは、2月13日、顧客へのデジタルバンキングサービスを充実させるべく、AI(artificial intelligence、人工知能)を活用したツール「Huntington Heads Up」をリリースしたことを発表した。このツールは、顧客の節約および消費方法の最適化や、お金に関する目的達成の手助けとなるという。

米国メディアPR Newswireは、HuntingtonがAIを基にしたツールHuntington Heads Upをリリースしたことを紹介している。Huntingtonでは、Huntington Heads Upのリリースに併せ、新たなデジタルプラットフォームであるThe Hubも開発している。Huntingtonのシニアエグゼクティブ・バイスプレジデント兼コンシューマー・ビジネスバンキング部門ディレクターを務めるAndy Harmening氏によれば、Huntingtonは顧客の生活をより良いものにすべく、投資を行っているという。

AIを活用したHuntington Heads Upは、使い勝手が良く、消費や節約の提案をするなど、顧客の経済状況を健全な方向に導くための手助けを行う。たとえば、基本的な消費行動や債務の支払い期限などを基に、向こう7日間を過ごすには口座の残高が足りない場合、アラートで知らせてくれるという。また、無料トライアルの雑誌購読期間が終わる時期を教えてくれたりもする。レストランやPOSシステムでの会計するとき、誤って2重払いとならないよう、チェックもしてくれるという。