SDK.finance、オラクルのブロックチェーン技術を活用した決済サービスを提供

0
113
Photo by iStock

チェコを拠点とする金融サービス会社SDK.financeは、オラクルのブロックチェーン技術を活用したプラットフォームと、金融機関の基幹決済プラットフォームを統合することで、より安全な決済システムの提供を目指しているという。このサービスは、コルレスバンク(海外送金する際にその通貨の中継地点となる銀行)や決済機関といった中間業者を必要としないのが特徴である。SDK.financeのサービスは、コスト効果が高く、より高速で、かつ安全な決済を提供し、顧客の取引環境改善の一助となるという。

米メディアAI THORITYは、オラクルのブロックチェーン技術に基づくプラットフォームを活用した SDK.financeの 決済サービスを紹介している。SDK.financeのCTO(チーフテクニカルオフィサー)であるPavlo Sidelov氏によると、クロスボーダー決済処理には非常に時間がかかり、関連手数料も高く、信頼性にも欠けるという。ここにオラクルのブロックチェーン技術をベースにしたクラウド型プラットフォームを活用することで、これらの課題を解決し、高い安全性・信頼性と、高速な決済処理サービスの提供が可能になるのだという。

同サービスでは、オラクルの信頼性が高い分散台帳技術(distributed ledger technology)を活用し、リアルタイムの取引認証を行うという。彼らが新たに提供するサービスは、中継銀行を必要とせず、ブロックチェーン技術を基にした取引認証が行われるのみとなる。そのため、従来は数日から数週間を要したクロスボーダー決済取引を、わずか数秒で処理できるようになるのだという。