ADCB、AIを活用したパーソナルファイナンスアプリをリリース

0
131
Photo by iStock

Abu Dhabi Commercial Bank(ADCB)は、 「MoneyBuddy」と呼ばれるパーソナルファイナンス管理アプリをリリースした。 これはAI(artificial intelligence、人工知能)を使ってアプリケーションソフトの開発を手掛けるStrandsの技術を活用したものだという。

英国メディアIBS intelligenceは、ADCBがStrandsのAI技術を活用したパーソナルファイナンスアプリをリリースしたことを報じている。MoneyBuddyアプリにより、 ADCBのユーザーは、支出や貯蓄目標、予算などをもとに、物やサービスの購入が個人の経済状況に与える影響や、月々のキャッシュフローを知ることができるという。またiOSユーザーに関しては、顔認証IDを利用してアプリにログインすることが可能なため、MoneyBuddyのオンボーディングプロセス(ユーザーが新サービスに適応するプロセス)の効率化も実現している。ADCBによれば、顧客からのフィードバックは極めて良好であり、アプリ登録は当初目標の2倍で推移しているという。MoneyBuddyは、すでにアップストアで4.5以上の評価を得ている。

ADCBは1985年に設立され、個人・法人向け銀行サービスから不動産管理に至るまで包括的に金融サービスを提供している。Strandsは銀行業界向けにビックデータや機械学習(machine learning)を活用し、デジタルマネー管理ソフトウェアの開発を行う専門家集団である。