Hyundai Card・CommercialがIBMのAI技術を採用

0
96
Photo by iStock

現代自動車・Kiaモーターズの金融サービス小会社であるHundai CardとHundai Commercialは、IBMのクラウドベースのAIやブロックチェーン技術を活用し、顧客満足度の向上、そしてグローバルに金融サービスの拡大を図っているという。Hundai Cardはチャットボットを活用した顧客サービスを強化し、Hundai CommercialはIBMのブロックチェーン技術を使って新たな金融ネットワークを構築している。

米メディアAiTHORITYは、Hundai CardとHundai CommercialがIBMのAI関連テクノロジーを活用して顧客サービスの改善に取り組む模様を紹介している。Hudai Cardは、 韓国の金融業界としては初となるAIチャットボット「Hundai Card Buddy」による顧客サービスの提供を開始した。Hundai Card Buddyが一般的な問い合わせに対応することで、Hundai Cardの専門家はより複雑な顧客サービスに対応できるようになったという。

Hundai Commercialは、商用車や建設機械などのリースや金融サービスを手掛ける法人向け金融サービス会社である。彼らはIBMのブロックチェーン技術であるオープンソースのHyperleder Fabricを用い、新たな金融ネットワークを構築するという。これにより、ディーラー、販売代理店、そして製造業者間のリードタイムの短縮化及びコスト削減が実現すると見込まれている。