LIFESTYLE

TECHNOLOGY

LATEST NEWS

Health star ratings Kellogg reveals the cereal

The model is talking about booking her latest gig, modeling WordPress underwear in the brand latest Perfectly Fit campaign, which was shot by Lachian...

SpringFest One Fashion Show at the University of Michigan

The model is talking about booking her latest gig, modeling WordPress underwear in the brand latest Perfectly Fit campaign, which was shot by Lachian...

Xbox One to launch in China this month after all

The model is talking about booking her latest gig, modeling WordPress underwear in the brand latest Perfectly Fit campaign, which was shot by Lachian...
[td_block_social_counter custom_title=”STAY CONNECTED” facebook=”envato” twitter=”envato” youtube=”envato”]
- Advertisement -

POPULAR ARTICLES

注目のドローン関連銘柄とは?

投資家の間で、ドローン関連銘柄のトレードが活発になっている。ドローン関連のソフトウェアまたはハードウェアを開発する企業と、ドローン技術を活用する企業への投資が進んでいる模様だ。中でも、Aero Vironment Inc(ティッカーシンボル:AVAV)、ソニーADR(SNE)、エヌヴィディア(NVDA)、アマゾン(AMZN)、マイクロソフト(MSFT)の5銘柄が注目されているという。 FXやCFD取引サービスを提供するIGは、注目度が高いドローン関連銘柄を紹介している。たとえば、AeroVironment Incは、ドローンを主力事業にする数少ない企業のひとつで、政府機関に無人航空機を供給している。2019年には、米国政府のドローン関連予算の増額が予想されているため、米国国防省に小型ドローンを供給するAeroViroment Incも成長拡大が見込まれている。 またソニーも、東京を拠点とするロボットベンチャー企業ZMP Incとともに、Aero Senseと呼ばれるジョイントベンチャーを立ち上げた。Aero Senseが開発するドローンは、世界中のアマチュア写真家の間で人気を集めている。なお、ドローン関連銘柄への投資は、個別株式を購入するか、レバレッジをかけるCFDの形でトレードを行うことになる。

市場平均を上回るパフォーマンスを誇るユニークな銘柄選別手法とは?

2019年に入り、AI(人工知能)を活用したETFであるAIEQやARKK innovation ETFは、ベンチマークとして用いられるS&P500を上回る2ケタの伸びを示し、良好な運用パフォーマンスを上げている模様だ。 ETF Managers Groupの創設者兼CEOを務めるSam Masucci氏によると、IBMのAI「Watson」を活用したAIEQは、およそ6,000企業の四半期報告書からソーシャルルメディアの情報に至るまで分析した上で、毎日、75から100銘柄のポートフォリオを構築しているという。この銘柄リサーチは、1,000名のアナリストを要するもので、ポートフォリオ内の銘柄トップ10の中には、アルファベット(Alphabet)やアマゾン(Amazon)、ネットフリックス(Netflix)といったFANG銘柄のほか、卸小売業のコストコ(Costco)、ヘルスケアのバクスターインターナショナル(Baxter International)なども含まれる。2019年1月には、S&Pの上昇が6.5%に留まったのに対し、AIEQは11%も上昇した。 また、Global Trends InvestmentsのCEOであるTom Lydon氏によると、AIを活用したARKK innovation ETFは、革新的なテクノロジーセクターのすべての企業をリサーチし、ナノストリングテクノロジーズ(NanoString Technologies)やネットフリックス、スクエア(Square)など、30銘柄ほどでポートフォリオを構成しているという。ARKK innovation...

Bayside Ranch a perfect canvas for interior designer 2016

The model is talking about booking her latest gig, modeling WordPress underwear in the brand latest Perfectly Fit campaign, which was shot by Lachian...

LATEST REVIEWS

金融業界におけるAIの活用事例

AI(artificial intelligence、人工知能)の恩恵を受けている業界のひとつが、金融業界である。金融業界においては、クレジット審査やリスク管理、クオンツトレーディング、パーソナルバンキング、サイバーセキュリティ・詐欺発見などの分野でAIが活用されている。金融業界の顧客は、 AIを使ったサービスによって利便性を享受し、より安全に貯蓄や投資を行うことができる。 米メディアbuilt inは、AI活用を進めている金融業界の14社を紹介している。ZestFinance、Scienaptic Systems、Underwrite.ai、DataRobot、Kensho、Ayasdi、Kavout、Alpaca、Kasisto、Abe AI、Trim、Shape Security、Darktrace、Vectraの14社がそのラインナップだ。 たとえば、クレジット審査の分野では、ZestFinanceがZest Automated Machine Learning(ZAML)プラットフォームを開発している。これはAIを活用したソリューションで、クレジット情報・クレジットヒストリーがほとんどなくても、企業のクレジット審査をサポートする仕組みである。またクオンツ取引の分野では、Kavoutが機械学習(machine learning, MI)と定量分析を用いた金融市場のパターン認識を試みている。KavoutのAIをベースにしたKai Scoreを使い、SEC(Securities and...