金融業界におけるAIの活用事例

AI(artificial intelligence、人工知能)の恩恵を受けている業界のひとつが、金融業界である。金融業界においては、クレジット審査やリスク管理、クオンツトレーディング、パーソナルバンキング、サイバーセキュリティ・詐欺発見などの分野でAIが活用されている。金融業界の顧客は、 AIを使ったサービスによって利便性を享受し、より安全に貯蓄や投資を行うことができる。 米メディアbuilt inは、AI活用を進めている金融業界の14社を紹介している。ZestFinance、Scienaptic Systems、Underwrite.ai、DataRobot、Kensho、Ayasdi、Kavout、Alpaca、Kasisto、Abe AI、Trim、Shape Security、Darktrace、Vectraの14社がそのラインナップだ。 たとえば、クレジット審査の分野では、ZestFinanceがZest Automated Machine Learning(ZAML)プラットフォームを開発している。これはAIを活用したソリューションで、クレジット情報・クレジットヒストリーがほとんどなくても、企業のクレジット審査をサポートする仕組みである。またクオンツ取引の分野では、Kavoutが機械学習(machine learning, MI)と定量分析を用いた金融市場のパターン認識を試みている。KavoutのAIをベースにしたKai Scoreを使い、SEC(Securities and...
video

I built an app that does triangulation of points on the earth

The model is talking about booking her latest gig, modeling WordPress underwear in the brand latest Perfectly Fit campaign, which was shot by Lachian...

金融業界を変革する5つのフィンテックトレンド

フィンテック分野への投資が活況を呈している。2017年には過去最高額を更新した。そして金融業界では、AI(artificial intelligence、人工知能)を活用した音声サービスやテキストメッセージ、企業連携による革新的な商品・サービスの提供、ブロックチェーン、ファイナンシャル・インクルージョン(金融包摂、貧困や難民などにかかわらず、誰もが金融サービスの恩恵を受けられるようにすること)という5つのフィンテックトレンドが起きている。 米メディアCNBCは、ヨーロッパ最大のフィンテックイベントであるMoney20/20で話題となった5つのフィンテックトレンドを紹介している。たとえば、音声サービスの分野では、シンガポールOCBC銀行が、グーグルと手を組んで、AIを活用した音声バンキングサービスを開発したという。これは、住宅ローンの金額や貯蓄計画、最新の金融市場動向、最寄りのATMの場所に至るまでを顧客に提供するサービスである。 またファイナンシャル・インクルージョンの分野では、マスターカードと協働で設立されたナイジェリアのスタートアップNetPlusの例が紹介されている。NetPlusは、ネットショッピングに慣れていないナイジェリア人向けに、ネット決済支援ソリューションの提供を行っているという。エマージング諸国においては、驚くべき規模で、効率的かつシンプルな設計の金融ソリューションの開発・提供が推し進められているようだ。

Terraform – Cross PaaS configuration management?

The model is talking about booking her latest gig, modeling WordPress underwear in the brand latest Perfectly Fit campaign, which was shot by Lachian...

市場平均を上回るパフォーマンスを誇るユニークな銘柄選別手法とは?

2019年に入り、AI(人工知能)を活用したETFであるAIEQやARKK innovation ETFは、ベンチマークとして用いられるS&P500を上回る2ケタの伸びを示し、良好な運用パフォーマンスを上げている模様だ。 ETF Managers Groupの創設者兼CEOを務めるSam Masucci氏によると、IBMのAI「Watson」を活用したAIEQは、およそ6,000企業の四半期報告書からソーシャルルメディアの情報に至るまで分析した上で、毎日、75から100銘柄のポートフォリオを構築しているという。この銘柄リサーチは、1,000名のアナリストを要するもので、ポートフォリオ内の銘柄トップ10の中には、アルファベット(Alphabet)やアマゾン(Amazon)、ネットフリックス(Netflix)といったFANG銘柄のほか、卸小売業のコストコ(Costco)、ヘルスケアのバクスターインターナショナル(Baxter International)なども含まれる。2019年1月には、S&Pの上昇が6.5%に留まったのに対し、AIEQは11%も上昇した。 また、Global Trends InvestmentsのCEOであるTom Lydon氏によると、AIを活用したARKK innovation ETFは、革新的なテクノロジーセクターのすべての企業をリサーチし、ナノストリングテクノロジーズ(NanoString Technologies)やネットフリックス、スクエア(Square)など、30銘柄ほどでポートフォリオを構成しているという。ARKK innovation...

AIの恩恵を受ける金融業界

ヨーロッパでは、毎年、1,220億件のデジタル取引処理が行われているという。一方で、AI(artificial intelligence、人工知能)を活用したデジタル決済も爆発的に拡大している。こうしたなか、詐欺事件も増加しており、特に決済分野においてAIの積極的な活用が求めらている。またAIを活用することで、KYC(know-your-customer、本人確認)プロセスの効率化も可能になるという。 英国メディアITProPortal.comは、金融業界がどのようにAIの恩恵を受けているかを伝えている。まず決済は、AIの恩恵を最も受ける分野だといわれており、2020年までに、グローバルベースで毎年7,260億件のデジタル決済が行われることが予想される。銀行送金やデビットカード、クレジットカード、eウォレット、モバイルウォレット取引等を通じ、デジタル取引高は年々増加すると見込まれているからだ。そうなると、人間の力だけでは、詐欺を防止したりやKYCプロセスを効率化することは難しいため、AIを活用した自動化プロセスの導入が求められているようだ。 AIは、人間が行うと45分を要する作業を、わずか2分で処理することができる。さらにAIは、処理能力が高いだけでなく、詐欺取引とそうではない実際の取引とを間違いなく区別するためのアノマリー(変則、例外)を認識する能力も有しているという。

50 Tips and Insights About Productivity, Happiness, and Life

The model is talking about booking her latest gig, modeling WordPress underwear in the brand latest Perfectly Fit campaign, which was shot by Lachian...

IBM、ニューヨークにAI関連ハードウェアセンターを建設へ

IBMが米ニューヨーク州オールバニを拠点とするニューヨーク州立工科大学(SUNY Polytechnic Institute)キャンパス内に、AI(artificial intelligence、人工知能)関連のハードウェアセンターを建設する意向であることが明らかとなった。同センターでは、コンピューターチップの研究開発をベースにAIの先進的な研究を行う予定だという。 米メディアYAHOO!FINANCEは、IBMがニューヨークにAI関連ハードウェアセンターを建設する計画を報じている。ニューヨーク州知事であるAndrew M. Cuomo氏によると、IBMはAI関連ハードウェアセンターの建設に約20億ドルを投じるとのことだ。またCuomo氏は、ニューヨーク州との協働によって同センターが建設され、新たな雇用が生まれることを期待しているという。これにより、シミュレーション・検査・プロトタイピング(試作品製造)等の分野で、AIを活用したハードウェアテクノロジー開発が推進されるとも見込まれている。 IBMには、ニューヨーク州立工科大学との提携関係を2023年まで延長させることで、半導体研究に注力し、米国におけるプレゼンス向上を図る狙いがあるという。彼らは急速に発展しているハイブリッドクラウドやAI、セキュリティ、ブロックチェーン分野への投資を継続させるという。

StreetScore scores a street view based on how safe it looks to a human

The model is talking about booking her latest gig, modeling WordPress underwear in the brand latest Perfectly Fit campaign, which was shot by Lachian...
[td_block_social_counter facebook=”envato” twitter=”envato” youtube=”envato”]
- Advertisement -

Featured

Most Popular

After Effects Guru: Tracking and Stabilizing Footage

The model is talking about booking her latest gig, modeling WordPress underwear in the brand latest Perfectly Fit campaign, which was shot by Lachian...

Latest reviews

ClearTax、AIを活用した税・ファイナンスツールをリリース

ClearTaxが新たにAI(artificial intelligence、人工知能)を活用した税・ファイナンス関連ツールをリリースした。アルゴリズムプログラムが組み込まれたこのツールを活用することで、投資家は節税可能な分野と金額を算出できるというう。 インドのメディアCIOLは、ClearTaxがAIを基にした税・ファイナンスツールをリリースしたことを報じた。ClearTaxによれば、インド国内において適切に節税ができてない納税者のうち、節税できる可能性のある平均金額は年間20,000ルピーにも上るという。ClearTaxの創業者兼CEOであるArchit Gupta氏は、今回リリースした税・ファイナンスツールを利用し、節税しながら投資信託に投資することで、2,000万人ものインド人納税者が恩恵を受けることができると語る。また、ClearTaxが提供するプラットフォームであるClearTax Investを活用することで、最適な投資機会を知ることもできるという。 ClearTaxは、B2B、B2C向けに、投資信託や節税分野における顧客重視のプラットフォームを構築することに注力している。彼らは2019年中に50万人の投資家がClearTax Investプラットフォームを利用すると見込んでいる。

Charlie Finance、シリーズAラウンドで900万ドルの資金調達に成功

ファイナンスに特化したAIチャットボットを開発したCharlie Financeは、シリーズAラウンド(企業のベンチャーキャピタル投資の最初の重要なラウンド)にて900万ドルの資金調達に成功した。CharlieのCEO兼共同創業者であるllian Georgiev氏は、今回調達した資金を新商品および新サービスの開発に充てるつもりだとしている。 米メディアCrowfund Insiderは、Charlie FinanceがシリーズAラウンドにて900万ドル資金調達したことを報じている。彼らが開発したCharlieは、金融リテラシーがそれほど高くない人に対して、節約や費用削減、債務管理、手数料回避といったアドバイスをしてくれるAIチャットボットで、2016年のリリース以来、約25万人に利用され、月次ベースで30%もの成長を遂げているという。 Iiian Georgiev氏は、Charlieに支出や貯蓄・資産目標などを管理してもらうことで、ユーザーは人生のもっと重要なことに集中できるはずだと語る。なお、Charlieのユーザーは80%が女性で、平均年齢は27歳、頻繁に利用するお店はマクドナルドだそうだ。

財務データの信頼性向上に寄与するRPA

エグゼクティブの3分の2以上が、不正確な財務データに基づいてビジネス上の重要な決定を下したことがあるという。この調査結果は、財務データのエラーがビジネスに与える影響は決して無視できるようなものではないこと、そして私たちがニュースで目にする誤報やスキャンダルがこうしたエラーのごく一部にすぎないことを示唆しているといえるだろう。 英メディアサイトTechHQによれば、この調査は1,100人のエグゼクティブを対象に実施された。彼らが属する組織のうち、4分の1が財務データ上のエラーの原因を特定するために最大で10日を要し、年平均で114日を無駄にしたという。財務データにおけるヒューマンエラーを完全になくすことはできないが、RPAを利用すれば、はるかに高精度なデータ入力が可能となり、またプロセスを自動化できる。そのため、RPAは大手企業を中心に急速に普及している。 同サイトによると、保険会社AXAは、RPAの導入によって半年で約18万ドルを節約したという。この成功の裏には、財務部門による社内AIボットの利用推進がある。AIが社員の仕事を奪うという不安をなくすため、ボットに「ハリー」などの愛称をつけ、あたかもAIが新たな社員であるかのようにしてシステム更新を図ったという。財務データを管理する部門自体がこのようにアプローチを工夫することが、RPA活用の成功の秘訣と言えそうだ。

More News