Let’s Build a Traditional City and Make a Profit

The model is talking about booking her latest gig, modeling WordPress underwear in the brand latest Perfectly Fit campaign, which was shot by Lachian...

チャットボットによる次世代リテールバンキングと銀行員の未来

チャットボットが、すでに銀行業界に大きな影響を及ぼしていることは明らかだ。残高確認などの単純なトランザクションから、手続確認などの込み入ったFAQに至るまで、チャットボットは幅広く利用されており、FinTech分野の代名詞となっている。金融機関にとって、チャットボットによるサービスを24時間365日提供することは、将来的には常識とされるだろう。しかしチャットボットの最終目標は、単に人員をAIに置き換えてコスト削減を図ることのみにとどまらない。 Global Banking&Finance Reviewによると、次世代のチャットボットは、顧客要求に基づいた処理をするだけではなく、顧客の行動パターンを分析し、顧客からの要求なしにサービスを提案できるようになると考えられている。一部の顧客はチャットボットとの対話に違和感を抱いているかもしれないが、口頭での指示は書面への記入よりも好まれる傾向にあるため、それが新しい常識になるのに長い時間はかからないだろう。 ではAIに置き換わった銀行員の仕事はどうなるのだろうか。The Heraldにて、DeloitteのFinTech部門グローバルヘッドであるMackenzie氏は、「銀行員の仕事は消えないだろう。AIが発達すればするほど、将来的には、銀行員は顧客とより高いレベルでのインタラクティブなやり取りに時間を費やすことになるだろう」と語っている。

Facebook is open sourcing dfuse, D language bindings for FUSE

The model is talking about booking her latest gig, modeling WordPress underwear in the brand latest Perfectly Fit campaign, which was shot by Lachian...

U.S.Newが勧めるAI関連10銘柄とは?

今から5年ほど前までは、ごく一握りの投資家のみが、AI関連の優良銘柄をリサーチしていた。しかし現在では、シリコンバレーの専門家の誰もが、機械学習(machine learning, MI)やニューラルネットワーク(情報処理システム、NN)、自然言語処理(NLP)などの革新的な商品・サービスの開発や事業の収益化を競うようになっている。 U.S.Newsは、AI関連のベストと見られる10銘柄を紹介している。そのラインナップは、エヌヴィディア(ティッカーシンボル:NVDA)、アルファベット(GOOG)、トゥウィリオ(TWLO)、アマゾン(AMZN)、マイクロンテクノロジー(MU)、マイクロソフト(MSFT)、バイドゥ(BIDU)、インテル(INTC)、フェイスブック(FB)、テンセント(TCEHY)の10銘柄である。 上記のなかで比較的知名度が低いトゥウィリオは、10銘柄中で投資効率が最も高いとされており、向こう5年間で株価が5倍になると見込まれている。トゥウィリオのAPIは、電話やSMS、テキストメッセージなどの送受信を行うためのソフトウェアで活用されている。また、膨大なデータ処理を必要とする金融業界などでは、マイクロンテクノロジーのNANDやDRAMチップへの需要が高まっている模様である。

チャットボットによる次世代リテールバンキングと銀行員の未来

チャットボットが、すでに銀行業界に大きな影響を及ぼしていることは明らかだ。残高確認などの単純なトランザクションから、手続確認などの込み入ったFAQに至るまで、チャットボットは幅広く利用されており、FinTech分野の代名詞となっている。金融機関にとって、チャットボットによるサービスを24時間365日提供することは、将来的には常識とされるだろう。しかしチャットボットの最終目標は、単に人員をAIに置き換えてコスト削減を図ることのみにとどまらない。 Global Banking&Finance Reviewによると、次世代のチャットボットは、顧客要求に基づいた処理をするだけではなく、顧客の行動パターンを分析し、顧客からの要求なしにサービスを提案できるようになると考えられている。一部の顧客はチャットボットとの対話に違和感を抱いているかもしれないが、口頭での指示は書面への記入よりも好まれる傾向にあるため、それが新しい常識になるのに長い時間はかからないだろう。 ではAIに置き換わった銀行員の仕事はどうなるのだろうか。The Heraldにて、DeloitteのFinTech部門グローバルヘッドであるMackenzie氏は、「銀行員の仕事は消えないだろう。AIが発達すればするほど、将来的には、銀行員は顧客とより高いレベルでのインタラクティブなやり取りに時間を費やすことになるだろう」と語っている。

AIの恩恵を受ける金融業界

ヨーロッパでは、毎年、1,220億件のデジタル取引処理が行われているという。一方で、AI(artificial intelligence、人工知能)を活用したデジタル決済も爆発的に拡大している。こうしたなか、詐欺事件も増加しており、特に決済分野においてAIの積極的な活用が求めらている。またAIを活用することで、KYC(know-your-customer、本人確認)プロセスの効率化も可能になるという。 英国メディアITProPortal.comは、金融業界がどのようにAIの恩恵を受けているかを伝えている。まず決済は、AIの恩恵を最も受ける分野だといわれており、2020年までに、グローバルベースで毎年7,260億件のデジタル決済が行われることが予想される。銀行送金やデビットカード、クレジットカード、eウォレット、モバイルウォレット取引等を通じ、デジタル取引高は年々増加すると見込まれているからだ。そうなると、人間の力だけでは、詐欺を防止したりやKYCプロセスを効率化することは難しいため、AIを活用した自動化プロセスの導入が求められているようだ。 AIは、人間が行うと45分を要する作業を、わずか2分で処理することができる。さらにAIは、処理能力が高いだけでなく、詐欺取引とそうではない実際の取引とを間違いなく区別するためのアノマリー(変則、例外)を認識する能力も有しているという。

Facebook is open sourcing dfuse, D language bindings for FUSE

The model is talking about booking her latest gig, modeling WordPress underwear in the brand latest Perfectly Fit campaign, which was shot by Lachian...

ARKがAIなどを含むフィンテック関連ETFを上場

ARK Investment Managementが、ARK Fintech Innovation ETFと呼ばれるフィンテック関連の企業に投資するETF(Exchanged Traded Fund)をニューヨーク証券取引所Arcaに上場させた(ティカーシンボル:ARKF)。 CNBCは、ニューヨークを拠点とするARKのCEOであるCatherine Wood氏が、数年前よりフィンテックETFの組成を構想していたと報じた。ただし、ARKの日本におけるパートナーである日興アセットマネジメントが、アジアではモバイル決済が急速に普及していることから、フィンテックETFのリリースを計画より早めることを打診していた模様だ。なおARKは、65億ドルの運用資産残高を誇っている。 このアクティブ運用型ETFは、モバイル決済、人工知能(artificial intelligence)、ブロックチェーンの3つのテクノロジー領域の企業に投資を行っている。Wood氏によると、ユビキタス性(偏在性)のある巨大企業アリババ(Alibaba)やテンセント(Tencent)に加え、ペイパル(Paypal)、スクエア(Square)、アマゾン(Amazon)などが組み込まれているという。これらの企業は、より良く、安く、速く、斬新で、そして安全なサービスを提供することで、伝統的な金融機関に取って代わる存在として期待されるとも語っている。中でもAI関連では、バイドゥ(Baidu)やジロー(Zillow)、レンディングツリー(Lending Tree)をポートフォリオに加えているとのことだ。

米国株式の急落は、自動売買アルゴリズムが大きな要因か

多くの市場関係者が、2018年に多く見られた米国株式市場の急落の要因として、人間のように経済指標の内容を吟味して投資判断を下すのではなく、発表後すぐに売買を行うマシーン(機械)が大きく影響していると考えている。アルゴリズムトレード(コンピュータシステムが市場環境に応じて自動的に売買を繰り返す取引)の日々の取引量は、ボラティリティ(価格変動)により変わってくるものの、ここ数年間で、その影響は目を見張るほど拡大している模様だ。 Jupiter Asset Managementのファンドマネージャー Guy De Bloay氏がCNBCのSquawk Box Europeで語ったところによると、米国株式市場の日次取引高の80%は機械によって執行されているという。また、そこでは収益性や将来性しなどは考慮されずに、日々発表される特定の経済指標の結果をもとに短期的なトレードがなされ、ノイズ(短期的な細かい値動き)を生み出していると考えられる。J.P. Morganも、売買の投資判断を下す前に、会社の業績や将来性などファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)の分析を行うケースは、わずか10%に留まると伝えている。 さらに、2018年2月の米国株市場の大幅下落は、アルゴリズムトレードが拍車をかけたと見るストラテジストもいる。Lombard OdierのChief Investment Strategist(投資戦略部門最高責任者)を務めるsalman Ahmed氏は、昨今の株価急落は、相場がある一定水準に達した際に、アルゴリズムプログラムとして事前設定されている売り注文が自動的に執行されることに起因するとコメントしている。
[td_block_social_counter facebook=”envato” twitter=”envato” youtube=”envato”]
- Advertisement -

Featured

Most Popular

OneNote for iOS and Mac lets you attach files

The model is talking about booking her latest gig, modeling WordPress underwear in the brand latest Perfectly Fit campaign, which was shot by Lachian...

Latest reviews

Building a Gimbal in Rust: An Introduction

The model is talking about booking her latest gig, modeling WordPress underwear in the brand latest Perfectly Fit campaign, which was shot by Lachian...

Show HN: ResMaps – See who is viewing your resume are...

The model is talking about booking her latest gig, modeling WordPress underwear in the brand latest Perfectly Fit campaign, which was shot by Lachian...

Designer fashion show kicks off Variety Week

The model is talking about booking her latest gig, modeling WordPress underwear in the brand latest Perfectly Fit campaign, which was shot by Lachian...

More News